• TOP
  • 古紙リサイクル
  • 機密文書処理
  • あんしん君・ふじファイバー
  • 会社案内

機密文書処理

  1. TOP
  2. 機密文書処理
  3. JQA認証

JQA認証

JQAとは?

JQAは経済産業省を主務官庁とする財団法人で、日本の産業発展の過程において、特に工業製品の海外輸出を手助けするためにその品質保証に対する検査機関が必要であるという理由から設立された機関で、現在も品質保証をはじめ、ISO、コンピュータセキュリティ、情報処理サービス業の安全対策などさまざまな承認を行っている第三者機関です。

JQA リサイクル処理センター安全対策認証制度

「保管センター安全対策認証制度」 ・・・保管管理に関する制度
「リサイクル処理センター安全対策認証制度」・・・処理設備における制度の認証制度を設けておりましたが、機密文書の保管や処理依頼者から保管センターやリサイクル処理センターまでの運送経路のセキュリティは認証の対象外でした。
そこで、搬送経路のセキュリティへの配慮がいらない新たな方法(RDVシステム(オンサイトシステム))として、RDVシステム協議会にて「RDVシステム(オンサイト処理)におけるリサイクル処理安全対策認証制度」の認証を取得しました。
移動型であるので、機密書類の発生場所で機密を裁断する為(オンサイト処理)、機密書類をそのままの状態で運搬することなく、安全にしかもリサイクルにまわすというRDVシステムの特徴があってこそ認証制度の制定が可能になったもので、システム車両自体に加え、作業工程・事務所の管理・教育・安全対策組織などを含めた機密書類リサイクルにおける完全管理の総合的なマネジメントシステムです。
個人情報保護法の制定など、今後ますます重要性が高まる、情報処理及び機密処理におけるセキュリティ対策の問題において、非常に有用なものであると考えられます。